2009年06月08日

ネットビジネスセミナー無料配信中!!

若くしてネットビジネスで1億円稼いだ本人が解説しています。
なぜネットビジネスで稼げる人と稼げない人がいるのかあなたは知りたくないですか?
25歳以下限定で行われたこのシークレットセミナーは、25歳以上の人でも参考になるところが一杯あり、私もためになったと思ってます。
今回無料にて配信されていますので、ぜひダウンロードしてその内容を確認してみてください。

→無料ダウンロードはコチラ

絶対にお見逃し無く!!
posted by がんばるお父さん at 17:46| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報起業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月07日

情報商材を作る側の気持ちとは・・・

情報商材を作っていて自分の商材を安く売りたくはないと思った。なぜかと言うと、作るのに随分と手間がかかるからだ。

表紙、前文、目次、本文、あとがきなど意外と時間と頭を使う。そうやってできた力作を本屋に並んでいる書籍と同価格帯で売りたくない作者の気持ちはすごくわかる。

特典としてメールサポートがあったり、返金保証をしたりといったことから、通常販売している書籍と同じような価格では売りたくないのが当然である。それは詐欺的といわれる商材でも一緒だと思う。

商材を作っている作者は、詐欺をはたらこうと故意に考えているわけではなく、購入した側が結果的に収入が得られなかった場合に詐欺呼ばわりされてしまうことが多いと思う。

もちろん本当に詐欺的で購入を後悔するものもある。再現性100%と言う割には実践が難しかったり、セールスレターの割には内容が薄っぺらかったり、商材の中で参考にするべきサイトのリンク先が切れていたり、何か商材に不具合があると、購入者はだまされないまでも損をした気持ちになって被害者意識が出来上がってしまうのだと思う。

であるから、詐欺的だと思われたくなかったら、どんな小さなことでも徹底的にサポートすることが必要だと思う。サポートの必要が無いくらい詳しく商材を作ったつもりでも、それを読む人によってわからないことや聞きたいと思うことは必ず出てくるはずである。売ったら売りっぱなしということは情報商材であってもできないと思ったほうが良い。

実際の商売で考えても売りっぱなしで顧客をほったらかしてる店は必ず先細りしていくものである。ネットビジネスでもそれは同じであると考える。

顧客満足を徹底して高めてこそ、通常の商売でも言えることだがリピートも増えるしファンもできる。結果売上も上がって安定したビジネスにつながる。それこそまさに商人だといえる。そうした覚悟がある者だけが価格を自由にできるのだと思う。
posted by がんばるお父さん at 09:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報起業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。